大腸がんや乳がんについて理解を深める~癌撲滅委員会~

医者

転移する病気

看護師

切開手術の際の感染症に注意

昔から多くの日本人を死に至らしめた病気というのががんです。がんは身体のあらゆる臓器に発症し、放置してしまうと他の臓器にも転移する可能性がある病気となっています。がんと言っても、大腸がんや乳がん、すい臓がんなど様々ながんがあり、それぞれで症状が違ってきます。特に乳がんの場合であれば女性の発症率が極めて高いがんとなっています。がんの中には初期症状があまり現れないものもありますが、大腸がんのように便に初期症状が出る病気は自分でもチェックすることができるでしょう。大腸がんの治療をする時に、腫瘍が大きくなっていると切開手術をする場合があります。その時には医師の技術力が手術結果に大きく影響するので、できるだけ実績のある医師を選ぶことが大切です。手術後に縫い合わせた患部が上手くつながらなければ縫合不全と呼ばれる症状を併発してしまう可能性があるので注意が必要です。縫合不全によって感染症を引き起こす可能性もあるので、手術をする病院はしっかり比較してから決めることが大切と言えるでしょう。

手術も様々

大腸がんの手術をする時には、進行ステージによって手術内容が違います。初期段階であれば内視鏡手術になり、中期から末期になると腹腔鏡手術や開腹手術が行なわれるでしょう。腹腔鏡手術や回復手術の場合、10日から1ヶ月半程度の入院が必要になると言われています。この2つの手術に比べると内視鏡手術は身体への負担も少ないので、心身共にストレスも少ない状態で手術に挑むことができるでしょう。がんと診断された時に、ほとんどの人が絶望的な感情を抱くと言われていますが、がんも諦めずに治療をすれば治すことができる病気となっています。

イチオシリンク集

  • あきらめない癌ステージ4治療ガイド

    コチラでさまざまな治療法の特徴を見ることができますよ。癌ステージ4になったときに役立つ情報があります。

がんは早期発見が大切

病棟

すい臓がんは早期発見が難しく、進行が早く遠隔転移もしやすいがんです。しかしながら、早期発見のための検査は自費で行う必要があります。すい臓がんを手ごろな価格で早期発見できるような技術の進歩が早急に望まれます。

読んでみよう

病気と向き合う

女性

大腸がんの初期症状としては、まず排便に変化が現れます。血便や便秘と下痢を繰り替えすという人は注意が必要です。検査結果によってステージごとに分けられ、末期になると放射線治療や抗がん剤治療と共に切開手術も行なわれます。

読んでみよう

女性に急増しているがん

女性

乳がんの患者数が急激に増えてきたことから、多くの女性がその怖さを身近に感じるようになってきました。原因は複数ありますが、主に食生活や時代の変化から、エストロゲンのホルモンに影響されてしまうことが考えられます。この乳がんの対策としては、定期的な検診を受けていくことで危険を回避していくことができます。

読んでみよう